キャバクラ経営コラム|朝礼の出勤率を上げる工夫で1石4鳥

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

キャバクラ経営コラムタイトル
★朝礼の出勤率を上げる工夫で1石4鳥
朝礼の出勤率を上げる工夫で1石4鳥

teen キャバクラ開店前に朝礼をしているお店と、していないお店がありますが、しっかりと朝礼をしているお店のお話です。 そのお店では、女子キャスト一人ひとりの職場になりがちな業種なので、チームワークを高める工夫をしているそうです。 なので、開店前にスタッフが集まり顔を合わせる事は、とても大切だとおっしゃっていました。 前日の営業での出来事や指名客の来店状況やお店のルールの確認、連絡事項などを伝えるわけです。

確かに、不定期な出勤をしているキャストも沢山居るので、お店の伝達事項を伝えるのも一般の業界より大変かもしれません。 せめて同伴のないキャストには、しっかり朝礼に出席してお店の士気を高めてゆきたいものです。

とは言え、キャバクラで働く女子キャストは気分屋で気ままな女性が多いため、ただ『朝礼には必ず出席して下さい!』 と、言った所でなかなか言う事を聞いてくれないそうです。

そこで、そのお店では、毎日男子スタッフが3分以内で、バカ話を するようにしたそうです。朝礼では必ず毎日、男子スタッフが笑える話を女子キャストにするのです。 すべらない話・・ではありませんが、どんな話でも良くて、とりあえず笑って貰えるように工夫するそうです。 男子スタッフが毎日笑える話を考えてする事で、男子スタッフと女子キャストの距離が縮まり、 また朝礼の出席率も良くなったとおっしゃっていました。

それ以外にも、女子キャストに聞く耳ができる為、業務連絡もスムーズになり、 朝礼で楽しく笑う事で、楽しい空気が出来上がり、その状態のままお客様を迎える事ができるそうです。

たかが朝礼なのですが、やり方次第では、お店にとって大きくプラスになるようです。



2015/04/20

【キャバクラ経営コラムTOPページ】