キャバクラ経営コラム・女子出勤と売上の関係

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

キャバクラ経営コラムタイトル
★女子出勤と売上の関係
《キャバクラの女子出勤と売上の関係》

比率図 いつもキャバクラ管理システムVENUSをご利用頂きまして誠にありがとごいざます。 VENUSで売上実績など、色々な数値が集計されるのですが、自店のみの数値を見ていてもなかなかよく解らないと思もわれる 方も多いのではないでしょうか?実は、『全く見ていない・・』というお言葉を頂戴したお店がありましたので、 今回は、キャバクラ経営において数値的なお話をしたいと思います。


今回は『女子出勤と売上の関係』について少しばかり・・・記させて頂きます。 あくまでも、私が色々なお店での数値を見てきた内容なので、 それが正しいか?という事ではなく、『そんな数値をよく目にしました』という程度に 受け止めて頂けると助かります。

まず、女子キャストの日々の出勤数でうsが、女子出勤がなければ、お店は売上を作る事が出来ず、 かといって女子出勤が多くても集客が出来なければ 赤字の負担が大きくなってしまうのが、キャバクラ経営というものです。 従って、売上と女子キャストの人件費のバランスが気になってしまうのが経営者ですが、 繁盛店では、赤字を気にするよりまずは女子の出勤数を気にしています。

なぜならば、女子出勤と売上の関係をよく理解しているからです。 一般の業界では、少人数で沢山稼ぎ、労働生産性が高ければ高いほど良いとしますが キャバクラの場合、労働生産性が高すぎるとお店を維持できなくなってしまいます。 お客様に『女の子のいないつまらないお店』というレッテルを貼られてしまうと お店の死活問題にまで発展してしまうからです。

当然、数さえそろえればいいという問題ではなく、成績に応じてのバランスも考慮しなければなりませんが 女子キャストが足らない・・という状況だけは避けなければなりません。

女子キャストの平均出勤数に対しての売り上げは
客単価が15000円前後で、そこそこ繁盛しているお店では
(女子出勤平均数/月間)×100万円弱=月間売上となる。

そこそこ集客しているお店では、だいたいこんな感じの売上になっており、一人当たりの女子キャストの売上 平均は100万円弱と言った所でしょう。これ以上の売上になるお店は、クラブや高級店になりますが、 通常のキャバクラで、客単価を高くして女子出勤が少なければ、お店を維持できなくなります。

従って、お店で売上目標を立てる場合は、それに見合った女子の出勤が必要になります。 毎日の売上を40万円と目標にすれば、40万円×30日=1200万円/月間売上目標となり 毎日の女子キャスト出勤数は、1200万円÷100万円=12名必要という事になります。

あくまでも、一般的なお店の数値計算になりますが この数値を無視して、女子出勤数が足らないまま、売上を強引に上げて行くと、 顧客満足度が低下して、客離れにつながる恐れがあります。 女子出勤数を無視した売上目標は、お店の経営に悪影響を及ぼすので、ご注意ください。

最近では、キャバクラの女子給システムが売上折半制のお店も増え、女子キャストが稼げる環境を 用意するようになり、売上に対しての女子給比率は50%を超えているお店が多くなりました。

ザックリの計算ですが、下記図のように月間売上÷女子出勤平均数が100万円以下になる事を考えれば だいたい女子給料の売上比率が50%くらいになっている事が解ります。 図1

一昔前までのキャバクラ経営は、『お店の利益がなければ女子給をたくさん支払えない』という考え方で良かったので 女子給比率は、売上の40%を下回っていても大丈夫でしたが、 最近のキャバクラ経営は、『女子キャストが稼げるお店でなければ優秀なキャストが集まらない。』という 考え方になってきたので、女子給比率が日に日に高くなってきました。女子給比率を高く設定し大きな利益を上げるには どうしても店舗を大型化するしかないので、この先の時代は大型店舗がどんどん増えてくるでしょうね。

2015/11/04

【キャバクラ経営コラムTOPページ】