キャバクラ経営コラム|キャバクラ大型店舗の有利な点

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

キャバクラ経営コラムタイトル
★キャバクラ店舗の大型化
《キャバクラ大型店舗が営業に有利な訳》

最近システムの設置立会にお伺いしていると、女子出勤30名以上で 営業面積が80坪以上というお店が多くなったように感じています。 特にチェーン店さんなどは、40~50坪の店舗では、小さすぎて話にならない、とおっしゃっています。
逆に2~30坪で女子出勤が10人前後のお店では、大型店舗が近くに出来て暇になってしまった。 また、女子キャストが確保できないという話を、とてもよく聞くようになりました。 キャバクラ店舗の大型化が進んできているのでしょうね。

本屋でも、ついつい小さなお店より、品ぞろえの多い大きなお店に足を運んでしまいますが、 キャバクラの場合、女の子が多いから大型店が繁盛するという、そんな単純な仕組みではないようです。

キャバクラの場合、優秀な女子キャストがいれば、小型店でも繁盛します。 お客様を沢山呼べる女子キャストがいれば、繁盛するのは当然なのですが、実際にVENUSのデータを見ると 小型店では、大型店のNOクラスほどお客を呼べる女子キャストがいないのです。 よくよく考えると、当然の事なのですが、大型店舗の現場を見ないとなかなか気づけない事なのかもしれません。

まず、キャバクラの場合、商品はキャバ嬢なので、質のいい女子キャストを集める事ができればお店は繁盛します。 そして、キャバ嬢は条件のイイお店で働きたいので、お店側は出来る限り条件を良くしようとします。 かと言って、ただ時給を良くしてもお客がついてくれなければ、赤字になってしまうので、 ある程度の歩合給をつけます。お客を呼べば呼ぶほど給料がアップするのが、キャバクラの女子給システムです。

働く側のキャバ嬢立場になって考えると、『稼げるお店』で働きたいと思うはずです。 即ち、女子キャストを集める為には『稼げる環境』が必要不可欠になるわけです。 キャバクラの場合、女子給さえ良ければ女の子は集まるという簡単な問題ではなく それなりの条件を満たしてあげる必要があるように感じています。

≪キャバ嬢が稼げる環境≫
①お店が繁盛している
当たり前なのですが、暇なお店で歩合給と言われても、お客をつかむ事さえできません。
②フリー客がそこそこ入っている
女子キャストがお客をつかむのに必要不可欠な条件です。
③客層
客層が悪いお店では、女子キャストに嫌がられてしまいます。
お店で遊ぶルールがしっかりしていないお店や男子スタッフがいい加減なお店では
優秀な女子キャストに働いてもらえません。
④女子キャストの人数
お客様を苦労してお店に呼んでも、女子キャストが少なくて
つまらない思いをさせてしまうのでは、安心してお客様を呼ぶ事も出来ません。
⑤お店の広さ
お客様を苦労して呼んでも、お店に入れないのでは話になりません。

軽く考えても、これくらいの条件を満たしてあげないと、女子キャストは集められないのですが 、これらの条件を満たしていないのに、高額の給料を出してしまうと、お店の経営が苦しくなる事もあるでしょう。

大型店舗の有利な所は、女子キャストが稼ぎやすい環境がある点で、それに伴って女の子が集まりやすい所だと 傍から見ていると、そう感じます。

小型店舗で立ち合いをしていると、女子キャストが呼んだお客様が店に入れなかったりする光景をよく目にします。 また、指名客ばかりが常連客となり、新規客が入らず、決まった女子キャストしか稼げない状態だったり、 指名を取れる女子キャストがお店を休むだけで、売上が全くなくなってしまったりする事も多いように感じます。

大型店では、一度に4~5卓指名が重なっている女子キャストをよく見かけます。 そして、そんな女子キャストが数名在籍しているのです。 当然、この指名を回すには、それだけのヘルプキャストが必要になるわけで、小型店では到底不可能な営業となります。

キャバクラチェーン店が、小規模店舗を出店しなくなってきているのは、 『女子キャストが稼げる環境』という、この辺の理由からのような気がしています。

2015/11/27

【キャバクラ経営コラムTOPページ】