キャバクラ経営コラム・キャバ嬢を集める為の改善点|キャバクラソフト|キャバクラ・クラブの店舗管理・POSシステム|VENUS(ヴィーナス)ISM conputer systems

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

キャバクラ経営コラムタイトル
★キャバ嬢を集める為の改善点
《キャバ嬢を集める為の改善点》

キャバクラ営業では、女の子が商品となり、イイ女の子がいるか?いないか?で お店の売上が左右されてしまうので、どこもお店でもキャバ嬢の求人には力を入れるものです。 長年、この業界で仕事をしていると『お店で働いてくれる女の子いない?』とよく言われるのですが、 中には、いつも女の子集めに頭を悩ませているお店もあります。

万年女の子不足のお店では、いつも厳しい営業となり、最終的に閉店へと追い込まれてしまいます。

私は、色々なお店に出入りするのですが、キャバ嬢不足で真剣に悩んでいるお店と、そうでないお店では 明らかに違う一面があります。それは、『女子キャストの立場になってお店を運営しているか?』という点のように 感じています。

簡単に言えば、『女の子が働きやすい環境づくりを意識して営業しているか?』『未経験者でも安心して働ける環境づくりを 意識して営業しているか?』という所、やはり優秀な女子キャストが集まるお店では、女子キャストが、自分に何か あっても、店長がきっと助けてくれる!というような安心感のある店長がいますし、お店自体が、女子キャストにどうやって 稼がせるか?を、一生懸命考えて女子キャストに指導や提案を繰り返しています。働く女子キャストに安心感を与えなければ なかなか女子キャストは集まらないのかもしれません。

具体的にどうすればいいのか?という所ですが、色々なキャバ嬢に働きたくないと感じるお店について聞いてみた所、 いつも女子キャスト不足に悩んでいるお店と共通している部分が多々ありました。

≪キャバ嬢が働きたくないと感じる・不安を感じるお店≫

お店の利益しか考えていない
儲かっていないんだから、沢山給料出せるわけないだろう! 儲かったらいくらでも出してやる!と、常々そんな事を言っているお店。 お店の利益を優先しているので、お客様最優先になりすぎて、女子キャストが働きにくくなってしまっている。 自店の事しか考えていないので、女子キャストも自分の事しか考えなくなる悪循環を起こしている。

高額な給料を出せば女の子が集まると思い込んでいる
『世の中金次第!』的な考え方が強いため、女子キャストの気持ちがなかなか理解できない。 当然、お客様や男子スタッフの気持ちも理解できないので、トラブルが多くスタッフやキャストの定着率が悪い。

稼ぎにくい環境
お客が呼べないと稼げない給料システムなのに、新規客が少ない。 ずば抜けて客を呼べる娘が一人いて、その娘中心にお店が回っているお店。

ダメ出しばかり
店の都合で、あれはダメ、これはダメと叱るばかりで、 マニュアルもなければ、ルールもなく、教育する事もなければ、指導もないお店。

お店のホームページがない
お店のホームページがないだけで、『やる気がない店』『いい加減なお店』と思わせてします。
たったこれだけの事で働くお店を探している側が不安になったりします。

時給の待機カットがある
『ただ、待機席にいるだけで給料がもらえる訳がないだろう!』と、 客が入らないのを女子キャストのせいにしているお店。

「源泉徴収票」「支払調書」を出さない
源泉徴収票などを出さないだけで『脱税している悪いお店』と、思われてしまう事があります。

クレジットカード支払い時に手数料を取る
『カード支払いの手数料を取るのは、どこのお店もやっている事』で終わらせているお店。 昔と違って、健全営業を強調するお店が増えているので、こんなちょっとした事で、働く女の子は不安になって しまいます。また、ちょっとした事に気づけるお店にキャバ嬢が集まっているようにも感じます。

罰金のあるお店
最近では、罰金を取らないお店が多くあるのですが、今だに『罰金を取るのは夜の世界では当たり前』と思っているお店。

いい加減な店長のお店
『こんな人の下で働きたくない!』と思わせるような店長がいるお店。やはり、優秀なスタッフが集まる場所には 優秀な責任者がいるのは、どの業界も同じかもしれません。

ザックリ書き出すとこんな感じです。あくまでも、私の感覚的な内容なので、これが正解というわけでもないのですが 、逆を言えば、これらの反対の事をやればキャバ嬢が集めやすくなるのかもしれません。 色々なお店を見てきた限りでは、ちゃんとやる事をやっているお店には、 ちゃんとしたスタッフや女子キャストが集まっているように 感じています。一昔前までの、水商売ならではの営業は、もうすでに通用しなくなってきているのかもしれません。 インターネットの普及により、多くの情報をネット上で共有できるようになり、最近のキャバ嬢は簡単にお店を移ってしまい、 常に流動している事を、よく解っているお店がどうしても強いですよね~





2015/12/05

【キャバクラ経営コラムTOPページ】