キャバクラ経営コラム・キャバ嬢に『お客を呼べ』と言わないお店

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

キャバクラ経営コラムタイトル
★キャバ嬢に『お客を呼べ』と言わないお店
《好循環の超繁盛店/キャバ嬢に『お客を呼べ』と言わないお店》

VENUSの導入店様で、とてもいい循環で営業しているキャバクラ店があります。 そのお店は、キャバ嬢特有の制約がなく無断欠勤の減給などの取り決めはあっても 実際に減給した事はないそうです。 退店してすぐに、競合他店で働いても問題なく、キャバクラ特有のキャバ嬢、罰金制約が ないお店です。

最近では、厳しい罰金制度はなくなってきたと言っても、まだまだ罰金制度がないと、平気で無断欠勤してしまうのがキャバ嬢だという 考え方が一般的なこの業界ですが、 そのお店では、労働基準監督署に行かれても面倒なので、無断欠勤をしても注意するくらいだとおっしゃっていました。

ただ、無断欠勤の多いキャストには、フリー客への接客はさせられないし、 出勤制限をかける事があるそうです。また、 お客様と約束をしているのにスッポカシたら、ペナルティーを課すようですが そのペナルティーも口だけペナルティーだそうです。

そのお店は、営業面積80坪と田舎では比較的大きなお店で 開店前から毎日客待ちがあるような超繁盛店です。 店長さん曰く『普通のお店は、女子キャストにお客を呼ぶように指導するでしょうが ウチは、それが出来ないんです。 女子キャストにお客を呼ぶように指導しても、実際にわざわざ来て頂いたお客様がお店に入れない事が多いんですよね~ なので女子キャストへの教育や指導はしても『お客を呼べ!』とは、言えないし、男子スタッフ全員に『お客様を呼べ!同伴しろ!』と 言わないように伝えているんです。』 と、そんな事をおっしゃっていました。

VENUSの数値を見ると、毎日3本以上指名を取る女子キャストが数名いて、 成績だけを見ても全体的に女子キャストのレベルも高く、 なんとなくですが、自主的にお客を呼ばないとお店に居られない空気があるような感じがしました。

お店は繁盛しているので、お客を掴みたいと思っている稼ぎたい女子キャストには絶好の環境があり 自然に女子キャストが集まってくるようです。 罰金制度もなく、辞める時にもゴチャゴチャ言われない、お店は広く繁盛しているのでお客も掴みやすい、 という環境は、自然に仕事の出来るキャバ嬢にとっては都合のいいお店の用です。

とは言え、本当にそれだけで優秀なキャバ嬢が集まっているのか?とも思ってしまい、更に店長さんに 突っ込んで伺ってみると、当然、指名がたくさん取れるような指導をする そうですが、成績優秀者にはご褒美があるとおっしゃっていました。 その『ご褒美』には、何か特別な基準があるわけでなく、お店のオーナーが頑張っていると認めたキャバ嬢に 色々してあげるそうです。この『色々』とは、ブランドバックを買ってあげたり、海外旅行に招待したり、 キャバ嬢の名義で部屋を借りてあげたりと、結構な金額のご褒美だそうです。

ご褒美をもらったキャバ嬢からすれば、 『自分は特別扱いされている』『自分は大切にされている』『自分は認められた』と、そう思うでしょうし、 色々してもらったキャバ嬢は、お店を裏切れないとそう思うはずです。 他店からの引き抜きにも簡単に応じる事はできなくなるでしょう。 特別手当として現金で受け取るより、確かに効果があるかもしれません。

給与とは別に100万円分のご褒美を出しても、毎月稼いでくれる金額を考えれば 一般企業のボーナスだと思えば、安いものだそうです。

なるほど!やはりお金は稼ぐ方法ではなく、使い方のうまい所に集まるようです。





2016/01/20

【キャバクラ経営コラムTOPページ】