キャバクラ経営コラム・ダメ出し禁止で売上が伸びる

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

キャバクラ経営コラムタイトル
★ダメ出し禁止で売上が伸びる
《お店の雰囲気がとても良いダメ出し禁止のお店》

VENUSの導入店様で、事務所に『ダメ出し禁止』と張り紙をしているお店がありました。

社長様にお話をお伺いすると、自分が店長をしていた時に、ダメ出しを禁止したら売上が伸びた体験をして 、この方針を続けているそうです。

夜の業界では、ルールを守らないスタッフやキャストも多く、毎日毎日叱ってばかりで、うんざりしながら仕事をして いた時、どうすればこの状況から抜け出せるのか?さんざん考えた挙句、どうすれば出来るようになるのか?と考えて スタッフやキャストを指導するように心がげたら、次第に売上が伸びて行き、気づけば、お店の雰囲気も明るくなっていて、 結局は、毎日叱ってばかりいた自分がお店の売上を落としていた事に気づいたとおっしゃっていました。

ようするにあれはダメ!これはダメ!とただ叱るだけで終わらせるのではなく、『なぜできないのか?』『どうしたら できるようになるのか?』を一緒に考えて実行してゆくだけの事だそうです。

例えば、遅刻ばかりするキャストに対して『遅刻ばかりするな!』と、いくら叱っても、何度も遅刻を繰り返すのは、 遅刻をする原因に対して何も考えておらず、『遅刻するのは悪い事!』で終わらせているからであって、 『なぜ?遅刻をするのか?』『遅刻をしないように何かできる事はないか?』と考えて行動に移す。

同じようにオーダーミスの多いスタッフがいれば、『なぜ?オーダーミスをするのか?』『どうしたらオーダーミスを なくせるのか?』『オーダーミスをなくす為に何かできる事はないか?』と考えて行動に移す。

たったこれだけの事を繰り返すだけで、『叱る』という行為が無くなって行き、お店の空気も良くなって行く。 また、責任者は、常に『どうすれば良いか?』『何か出来る事はないか?』という意識が植え付けられ、どんどん 成長してゆくそうです。

確かに、ダメな人に対していくらダメ!と叱っても何も変わらないし、叱られる方も自分はダメなんだと思ってしまい 心を閉ざし、士気が下がるだけかもしれません。逆に「自分に何か出来る事はないか?」と、指導されれば、その指導者に対して 尊敬もするし、心を開くようになるかもしれません。

また、常に『どうすれば良いか?』という意識で営業していれば、お店は常に改善し続けるわけで、売上が伸びるのも 当然なのかもしれません。

『自分がそうだったのでよく解るんですが、ほんんと「ダメ出し」って害にしかならないんですよね~』 と、そんなお話をお伺いする事が出来ました。





2016/02/03

【キャバクラ経営コラムTOPページ】