キャバクラ経営コラム・女子キャストにお客様を付ける為にお店がしている事例

キャバクラ総合管理ソフトウェアーVENUS(ヴィーナス)POSシステム|株式会社イズムコンピューターシステム|TEL(0120)241-322

キャバクラ経営コラムタイトル
★女子キャストにお客様を付ける為にお店がしている事例
女子キャストの為に売上をお店が負担する

仕事上色々なお店へお伺いするのですが、 女子キャストに教育方法に悩んでいるお店が多いので、 特に繁盛店にお伺いした時は、女子キャストの教育についてお話を聞かせて頂くようにしています。 やはり店長によって考え方は様々で、色々と勉強させて頂いております。 先日お伺いしたお店で、なるほどな~と思う事を実践している内容をご紹介させて頂きます。

お客様ではなく、女子キャストに向けてバックを2倍にするようなキャンペーンをするお店は良くあるのですが、 このお店では時給保証期間中のキャストや成績に応じで、女子キャストが呼んだお客様に対して 2セット分の飲み代を無料にする事を行っていました。(上限を2万円までと設定しているそうです。)

◎3回以上来店しているお客様
◎同伴した事のあるお客様
◎毎月数回通ってくれそうなお客様
◎飲み代はお店負担ではなく自腹と告げる事
◎しっかりと感謝の気持ちを伝える事
などなど・・色々な条件があるようですが、これされると結構ハマル客いるだろうな~と感心しました。

仮に私が客だったら、数回飲みに行ったお店で、何度も飲みに来てくれと女の子から連絡を貰い 飲みに行ったら、『今日の飲み代は私が出しておいたからいらないよ!来てくれてありがとう!』 なんて、言われると・・なんか特別扱いされている気持ちになりますよね。 『近いうちにもう一度、ちゃんとお金を払って飲みに来なきゃいかんな~』なんて思ってしまうはずです。

店長にその効果をお伺いすると、全てのお客様に通用するわけではないけど、 かなりの効果があると仰っていました。 やはり、飲み代を負担したお客様は、すぐにまた飲みに来てくれるそうで お店としては、大した金額の負担にならないのが実態だそうです。

他店との女子キャスト待遇では差別化にもなるし、女子キャストの指導もしやすくなるそうです。 『お店は、貴女の為にここまでするんですよ!だから一緒に頑張ろう!』と お店と女子キャストとの一体感もでるそうです。

ただ、その後のお客様の動向や、女子キャストの成績のしっかりチェックしないといけないようです。 お店側は、女子キャストとお客様のやり取りを全て把握しているわけではないので、 実際に女子キャストの成績が向上しているか?を数値でしっかり把握する必要があると仰っていました。

確かに、お店が売上の一部を負担する事になるので、やりっぱなしになってしまうと、 ただ売上を下げている行為になり兼ねませんしね。

しっかりチェックをしないと、不正着服し放題の制度になってしまうので、 売上を負担した顧客名、女子キャスト名、会計伝票などを記録し、その後の女子キャストの成績に反映していないと 店長の給料から天引きすると言われているそうです。



【キャバクラ経営コラムTOPページ】